和服の買取

状態が酷くてもOKです

着物は日本の伝統的な衣類です。平安時代から着用されはじめ、私服として利用されるようになりましたが、西洋文化の影響で明治以降からは洋服が市民権を得ていき、現在は洋服が私服として着られるようになっています。そのため着物は礼服として、ほとんど特別な日にしか着られなくなりました。 ただ、日本文化としての高い価値があり、質のいいものは高値で取り引きされています。 洋服が主流になった時代でも着物を自宅で保管しているという人は少なくありませんが、着ないのなら売ってしまうことも可能です。着物は汚れ、破れ、カビなど状態が悪いものでも比較的買い取ってもらえるのが特徴ですので、ぜひ着物買取業者に査定してもらいましょう。

まとめて売るのがおすすめ

着物買取の際にはできるだけ高値で買い取ってもらいたいと思うでしょう。そんな時には、1枚だけではなくまとめ売りがおすすめです。 高価買取りができる着物は実は多くありません。例えば、使われている生地、職人の手作業、染色法などにより価格は変わりますが、そういった価値のある着物を所有している人は少ないのが現状です。 よって、できるだけ高く買い取ってもらいたいのなら、自宅にある着物をまとめて売りに出してみてください。1枚の価格が高くなくても、数枚合わせればまとまった金額で売ることが期待できるでしょう。 また、着物買取業者によって査定額は変わるため、損をしたくないのなら複数の着物買取業者に査定してもらうことも必要です。